HOME企業情報サステナビリティ・ESGの取り組み労働安全衛生

労働安全衛生

当社グループの安全衛生方針
私たちは、「健康と安全はすべてに優先する」を安全衛生管理の基本とし、全ての職場で作業環境の改善ならびに無事故・無災害の達成に努めるとともに、全ての従業員の健康を維持増進させるため、明るく働きがいのある、健全な職場づくりに取り組み続けます。
その1
私たちは、安全衛生に関する従業員教育を積極的に実施するとともに、安全衛生関係法令及び社内基準を遵守し、より一層の安全衛生管理に努めます。
その2
私たちは、小さな危険要因でさえもリスクアセスメントにより排除し労働災害を防ぎます。
その3
私たちは、メンタルヘルスケアを積極的に推進し 、従業員の精神的健康の保持増進を図ります。
その4
私たちは、安全衛生委員会の開催や産業医による心と身体の両面で従業員の健康をサポートする体制を構築します。
その5
私たちは、安全な職場環境を創るため、不測の事故を防止する為に対策を講じることに全力を尽くします。
その6
私たちは、協力会社と協調して職場で働くすべての人に対し、労働安全衛生の義務を周知し、安全水準を向上させます。
2019年1月
オープンハウスグループ代表
荒井 正昭
安全衛生体制

当社グループは、担当役員等を統括安全衛生管理者とする安全衛生委員会を設置しており、安全衛生の管理に努めています。同委員会には、産業医とともに、オブザーバーとして特定社会保険労務士の資格を持つ外部有識者が参加しています。
同委員会は、月1回開催されており、労災事故の発生件数や健康診断の実施状況、時間外勤務の状況等の報告・協議等を行っています。

労働安全衛生の取り組み

当社グループでは、協力業者会における安全大会の実施や、労働安全衛生関連マニュアル・施工事例などに関する指導会(毎年6回)を開催するなど、労働災害の未然防止に向けた取り組みを行っています。また、同工種(基礎業者、設備業者、大工等)によるセミナーの開催についても、毎年1回行っています。

労働安全衛生の取り組み

また、健康増進に関する取り組みとして、当社グループでは、従業員がオンライン上で産業医と面談でき、体調面などについて気軽に相談できる仕組みを構築しています。
長時間労働削減など、働き方改革の取り組みについては、関連リンク先をご覧ください。

関連リンク:「働き方改革・ダイバーシティ推進」

企業情報

HOME企業情報サステナビリティ・ESGの取り組み労働安全衛生

ページTOPへ