Sustainability

サステナビリティ

健康経営

オープンハウスグループ健康経営

当社グループでは、従業員の健康保持および増進が、組織の活性化と生産性の向上に寄与すると考えます。
代表取締役社長を健康経営責任者とした健康経営推進体制により、健康に関する目標を設定し、様々な取り組みを実施しています。今後も企業の社会的責任として、従業員が健全に働き続けられる環境づくりに努めていきます。

オープンハウスグループ「健康経営宣言」

オープンハウスグループは、やる気のある人を広く受け入れ、結果に報いる組織を作ることを「企業理念」に掲げています。この理念に基づき、当社は会社の成⻑を⽀える従業員の⼼⾝の健康を重要な経営資源の一つと捉え、健康維持・増進活動に対する積極的な⽀援と組織づくりを推進します。健康経営により、事業の持続的成長と従業員の健全で豊かな生活の両立を目指します。

健康経営推進体制

当社グループでは、社員の健康課題や労働時間等について、人事部直轄のメンタルヘルスケア推進グループにて、改善のための企画・立案を行うとともに、健康保険組合との意見交換を定期的に行っています。また、重要な事項は経営層に報告されます。 メンタルヘルスケア推進グループ筆頭に、事部・産業医・臨床心理士が連携し、従業員の心身の健康や労働環境の向上に努めています。

健康経営の取り組み

健康経営
推進体制
メンタルヘルスケア
推進窓口の設置
社員が活き活きと働くことのできる職場環境の整備と社員の健康保持・増進を担う機関として、「メンタルヘルスケア推進グループ」を設置しています。
健康診断の事後処置やカウンセリング、過重労働者のケアなどを通して、社員の心身の健康に関するサポートを行うほか、社内の臨床心理士による健康相談窓口も設置しています。
健康管理定期健康診断従業員の健康保持・増進の基本として、健診受診の必要性を周知し、受診の促進に努めています。また定期健康診断受診時の就業時間認定をしています。
婦人科検診女性社員の婦人科検診について費用を補助しています。
脳ドック検診40歳以上の管理職の社員の脳ドック検診についての費用を補助しています。
ストレスチェックストレスチェックテストを通して、社員のメンタルヘルス状況を定期的にモニタリングするとともに、その改善に向けた取り組みに繋げています。
コンディションチェック社員一人ひとりに対し、毎年実施しており、就業実態や心身の健康状態の把握に努めています。
健康活動・健康増進対策感染症対策インフルエンザワクチンの予防接種について、一部費用を補助しています。

健康経営関連データ

2020年9月期2021年9月期2022年9月期目標値
健康診断受診率74.8%85.6%99.9%100%
ストレスチェック受診率99.9%99.2%91.1%100%
適正体重の維持者率
(BMI:18.5~25.0未満)
57.7%62.5%60.8%65.0%
喫煙率41.2%37.5%36.3%35.0%
睡眠により十分な休養が
取れている人の割合
56.2%59.4%61.7%63.0%
※健康経営取り組み主要3社(㈱オープンハウスグループ・㈱オープンハウス・㈱オープンハウス・ディベロップメント)のデータ