Sustainability

サステナビリティ

コンプライアンス

コンプライアンスについての考え方

当社グループでは、経営の最重要課題の一つとして「コンプライアンス経営」を掲げ、取り組みを進めています。コンプライアンス経営を推進するとともに、オープンハウスグループが掲げる基本理念を実現するため、当社グループのすべての役職員が取るべき行動指針として「社員行動規準」を制定しています。
社員行動規準では、法令遵守のほか、さまざまなステークホルダーとの関わり(お客様との信頼関係、株主・債権者等の理解と支持)、情報の管理、社員の連帯と自己成長の環境づくり、地球環境への配慮、反社会的勢力への関与の禁止、社会貢献活動などが規定されています。

腐敗防止についての考え方

当社グループでは、汚職・贈収賄を企業の信頼を著しく損なう重大なリスクとして認識しています。
社会の疑念や不審を招くと考えられる、公務員などへの不正な利益供与、取引先や関係先などへの節度を越えた接待や贈答を行ったり受けたりすることの一切の禁止を当社グループ内に周知し、企業活動を通じた防止に努めています。
また、事業の展開においては関係複数部署による「反社会的勢力の排除」「マネーロンダリングの防止」「不公正な取引方法の排除」「インサイダー取引の禁止」「接待・贈答」「政治家・政治団体への寄付」等の包括的チェックを行い、腐敗リスクの評価、防止に努めています。

関連した罰金・課徴金・和解金

2019年において、贈収賄防止に関する規定の不遵守による重大な法令違反はなく、腐敗に関連した罰金・課徴金・和解金もありませんでした。

推進体制

当社グループでは、当社社長がコンプライアンスに関する取り組みの統括責任者となり、全社的なコンプライアンス体制を推進しています。取締役会は、コンプライアンスに関する取り組みの決定およびその進捗状況管理に責任を持ち、コンプライアンス教育・研修の計画及び実施、コンプライアンス違反などに関する通報の専用ホットラインの整備をはじめ、コンプライアンス体制の充実に努めています。
また、内部通報窓口などを通じ寄せられた相談・通報については定期的に取締役会に報告されています。

従業員教育

当社グループでは、コンプライアンスに関する従業員教育として、企業理念・企業憲章や社員行動規準に関する教育研修および贈収賄の禁止・腐敗防止についての意識向上のための研修を定期的に実施しています。社員に対するコンプライアンス・ヒアリングも積極的に実施しており、不正行為や労働環境に関わる懸念事項などのリスク・課題の把握を幅広く行っています。
また、社員行動基準において定められた項目にのっとった行動をとることへの意識啓発を定期的に行うことで、従業員に対するコンプライアンス遵守の意識づけを行っています。

通報制度の整備・運用について

当社グループでは、公益通報者保護法を踏まえ、従業員やお取引先の方からの相談・通報を受け付ける窓口(コンプライアンス・ホットライン)を設置しています。当社グループ従業員やお取引先の方からの相談・通報は、当社グループ担当者、もしくは第三者機関が窓口となり受け付けています。相談対象は法令・社内規程・一般的社会規範および企業倫理に対する不正等、セクハラ・パワハラ等のハラスメント、雇用問題、職場環境の課題、賄賂や多額の接待等、多岐にわたります。
通報を受けた調査の中で通報者が特定されないように十分配慮すること、通報者の立場の保全を社内規定に明記し、周知徹底に努めています。また、当社子会社の従業員およびお取引先の方からの通報は、親会社である株式会社オープンハウスでも受け付けています。

相談通報件数と内容内訳(オープンハウス・グループ全体)

当社グループ従業員やお取引先の方からの相談・通報は以下の通りです。

2018年9月期2019年9月期2020年9月期
職場環境7件8件7件
配置転換・離職1件5件0件
社内規則違反5件1件1件
その他0件1件4件
合計13件15件12件